マイホームに向かって夫婦で頑張る

最近は若い夫婦でも家を建てる人が多いと感じます。賃貸に出す家賃がもったいなく感じるからだと思います。
こぢんまりした家なら、毎月のローンは賃貸の家賃程度で建つ家も多くこぢんまりした家なら、毎月のローンは賃貸の家賃程度で建つ家も多く手が届きやすくなったかなという感じです。

というわけで、私もこれからマイホームを建てるべく、勉強を始めたいと思います。まずは家族設計が第一段階かな、と。
今我が家には子供が2人いますが、もう1人作る?作らない?

それによって、今後の生活費も変わってくるし、ライフスタイルも変わるし何より、こども部屋を2個にするか3個にするかってところも問題。

あと親と同居するのかしないのかってところもね。
こういうところはきっちりしておかないと後でリフォームとかなっても嫌だしね。

基本的な家を建てるスケジュールや選択肢も幅広く知識として持っておきたい。何もわからず、言われるがままに建てたら、後悔するし、損したってなりたくないから。
納得いくまで考えて、私たち家族の安らぎの場をつくりたいと思います。

おなかのお肉が気になって腹筋を義務化させてはみたものの

子供を出産したのち、明らかにおなか周りのお肉が目立ち始めて来ました。

お風呂上りに鏡の前で自分の裸体をチェックすると、間違いなく今までは存在しなかったムダなぜい肉がぽちゃぽちゃと付いてきています。

旦那を呼んで第三者の目に立って確認してもらうのですが、旦那はどこか私の変化を笑い話のネタにしているようなところもあって、いつもニヤニヤしてばかりいます。

このまま放置していては、おなか周りがとんでもないことになってしまうという不安に駆られた私は、一大決心し、腹筋運動によるおなか部分のダイエットを敢行することにしました。

もちろん旦那も道連れです。一緒に毎日、夜の腹筋を義務化することにしたのです。

当然、旦那はブツブツと不満を漏らします。というのも、悔しいことに私の旦那は非常にスリムな身体つきで、おなか周りも同世代の男性と比較しても格段にスマートなんです。でも、夫婦は一蓮托生です。私の苦しみをあなたも味わいなさいということで、旦那も強制的に腹筋しなければならないことにしたのです。

しかし、これもまたとっても悔しいのですが、私の方があっさりと腹筋ダイエットを挫折してしまいました。ハリウッドセレブやスーパーモデルのようにキレイなおなかや腰のくびれを欲していたのに、やっぱり毎日地道に腹筋を続けるというのは大変なんです。

一方の旦那はというと、シンプルな腹筋運動が性にあっていたのか、私が挫折したあとも毎日継続し、いつのまにかおなかの筋肉が少し割れて来るような成果を得るまでに至ったんです。

自分のおなかと旦那のおなかを見比べてはガックリとする日々…このままでは引き下がれません。違いうちにまた毎日の腹筋を必ず復活させて、私もおなかをすっきりとさせてみせます。絶対きれいにおなか部分のダイエットを成功させてみせます。パーフェクト4500まで購入してガンガンにやってしまおうかしらね。

痩身出来れば、外見、中身も絶対変身出来ます。

世間はポッチャリ女子、マシュマロ女子とか言われて、太っていても認知されている感じがしますが、それは一部の可愛い太めの女子だけで、実際はごつくて太い女子は「暑い」と揶揄されたりします。それってプライドが傷つくし、良い意味で痩身しようと決意出来たら良いですが、へこむ人もいると感じます。

私はデブとか言われると傷つくし、精神的にくるタイプです。ですから、常にダイエットに執着しています。

過去に一気に30キロも痩身しましたが、リバウンドも凄まじいものがあり、逆に30キロ以上太ったりしました。

ですから、平均的スタイルにとても憧れをもっています。

私は洋服を着る事も好きですから、仮にほっそりとしたら、洋服のカラーはビビッドなレッドやイエロー等をボトムに着用したい等、夢は募ります。

ダイエットが成功したら、小顔になって美しくなるに違いありません。目も大きくなって、埋もれていた鼻も肉がなくなり高くなるに違いありません。

ダイエットが成功する事で、外見に変化がある事はもちろんですが、心の贅肉も落ちるに違いありません。心の贅肉が落ちたら、きっとアクティブに活動したくて堪らなくなりますし、出来なかった事もチャレンジ出来る筈です。

ダイエットを諦める気持ちはサラサラないですし、この精神がポジティブで私は良いと感じます。いかに自身に合ったダイエットを見つけるかが、ダイエット成功の秘訣だと感じます。

そして、痩身したいという願望を叶える事に決して諦めず、努力をしていきたいです。

加圧シャツの効果はなし?あり?口コミは?13種類購入して検証した結論。
こういうのって女子向けもあるのかな?キャラは全然違うけど、細マッチョ女子にも憧れますね。